タマホーム レオハウス 関係

タマホームのレオハウスの関係や違いについて

ローコスト系のハウスメーカーとしてタマホームとレオハウスは多くの方から支持されていますが、同価格帯であることからこの両者は度々比較されることが多いです。

 

 

 

そして、タマホームとレオハウスの関係性を検索される方も多いですし、タマホームとレオハウスは身内だといった噂もあり、家の仕様や造りに関しても似ている部分も多いようです。

 

 

 

実はタマホームとレオハウスは深い関係がありますので、簡単にまとめてみましたので是非参考にされてみて下さい。

 

 

 

レオハウスは以前タマキューホームという社名でタマホームのFCとして南九州、四国を中心に事業を展開されていました。

 

 

 

 

その後、タマキューホームがタマホームから完全に独立することになり、タマキューホームからナック(東証一部上場)の100%子会社となり、レオハウスという社名に変更されました。

 

 

 

レオハウスの誕生は2006年ですが、翌年の2007年には1400棟以上も販売するなど好調のスタートをきっています。

 

 

 

レオハウスの主力商品である“大人気の家”シリーズでは住宅の価格破壊を目標とされていますが、低価格帯での家造りが話題となり、2013年には引き渡し数14000棟を達成するほどの実績を誇っています。

 

 

 

タマホームとレオハウスを比較してみても、同価格帯、施工形態、販売方法、引き渡し後の定期点検などに共通点が多く、双方はお互いが意識し合うライバル関係にあります。

 

 

 

 

お互いに意識し合うほどのライバル関係にあるということは、この2社で競合させると値引きやサービスが期待できるということです。

 

 

関連記事
>>タマホームとレオハウスを比較してみる

 

 

タマホーム 坪単価|失敗しないマイホーム購入ポイント!のTOPへ戻る