タマホーム 木麗な家 坪単価と評判

コスパが最高!タマホームの「木麗な家」の坪単価

マイホームを建てたいけれども、高くつきそう」「限られた予算しかないけれどもマイホームが欲しい」こんな願いをかなえてくれるのが、タマホームの「木麗な家」です。

 

 

 

 

タマホームといえば、ベストセラーの「大安心の家」もローコスト住宅となっていますが、木麗な家は大安心の家よりも更に低価格の住宅ブランドとなっています。

 

 

 

 

木麗な家は、住宅建築にかかる無駄なコストを最大限まで省いた事に加えて、低価格を実現しています。使用する建材も、木の温もりを感じられる物が中心となっていますので、温もりや温かさを感じる住宅づくりにも適しています。

 

 

 

 

ローコスト住宅である木麗な家でも、タマホームの特徴である自由設計が可能となっています。リビングを広くするのは勿論、家の収納がたくさん欲しいなどの希望を叶える事もできます。

 

 

 

 

 

ただし、木麗な家は「大安心の家」とは違って断熱性能を高めた(愛)や(暖)などのブランドは用意していません。その為、寒冷地に住んでいる人や、暖房効率を求める人は候補から外れる事になります。

 

 

 

 

 

 

木麗な家の坪単価を実際に建てた方の評判などからまとめた所、坪当たり24万円前後となっています。勿論、坪単価のみで住宅の価格を決定する事はできませんが、坪単価だけを考えると木麗な家なら、低予算でもマイホームを持ちたいという方の希望を叶えられる住宅ブランドであると考えられます。

タマホームの綺麗な家の評判は?

タマホームには定番商品の「大安心の家」や「大安心の家PREMIUM」「元気の家」「グリーンエコの家」などが商品にラインナップされていますが、「綺麗な家」という商品もラインナップされており、タマホームの中で人気の高い商品の一つです。

 

 

 

定番となる大安心の家と綺麗な家の構造は同じですし、オール電化仕様であったり、断熱基準の最高等級4をクリアしているという共通点はありますが、大安心の家と綺麗な家の違いを簡単にまとめてみました。

 

 

 

まず、大安心の家の場合だと、長期優良住宅や和室が標準仕様となっているのに対し、綺麗な家の場合だと長期優良住宅や和室への変更はオプション扱いとなっています。

 

 

 

さらに、大安心の家だとお風呂のサイズが選べたり、キッチンや洗面台など水回り関係のメーカーの種類が豊富なのに対し、綺麗な家の場合だとお風呂のサイズも限られていたり、選べるメーカーが限られてしまいます。

 

 

 

要は、大安心の家で標準仕様となっているものが、綺麗な家だとオプション扱いとなる反面、綺麗な家の方がコストを抑えているため、低価格帯での家造りが可能となります。

 

 

 

綺麗な家の評判がどうなのか気になる方も多いと思いますが、標準でオール電化仕様に対応していたり、大安心の家の構造と同じでありながら、大安心の家よりも安く建てることができると価格の面で満足されている方が多いように感じます。

 

 

 

しかし、安さゆえの注意点もあったりします。

 

 

 

『あまり予算がない中での建築となるため、ローコストと言われているタマホームに相談に行きました。
スタンダード商品は大安心の家のようですが、予算的に厳しいためそれよりもグレードを落とした綺麗な家での見積りを頂き、施工坪数31坪で約1300万円の見積りでした。
しかし、この見積りは家のみで、そこに電気配線や収納、2階にもトイレを付ける場合にはオプション扱いとなり、坪単価41万円を超えてくるのは想定外でした、、。』

 

 

 

 

上記の口コミのように、確かに綺麗な家は設備や仕様のグレードを落とすことで、コストダウンを実現されているようですが、標準仕様から外れてしまうと全てオプション扱いとなってしまうため、結構グレードアップしていると、大安心の家とほとんど変わらないぐらいの値段になってしまい、何だか損した気分になってしまいます。

 

 

 

綺麗な家を選択される方は、設備よりも価格重視の方だと思いますので、そのことを理解されて、設備も部分的にグレードアップする程度という場合は満足のいく家造りができると思いますが、至る部分の設備のグレードアップを望む人の場合だと、結局価格が高くなってしまい、『これなら大安心の家でも良かったんじゃないか、、。』と不満が爆発しそうですから、注意して下さいね。

 

 

 

タマホームの大安心の家の坪単価や詳細はこちらのページで

<スポンサーリンク>



page top