タマホーム メリット デメリット

タマホームのメリットとデメリット

タマホームといえば、ローコストで家が建てられるということで有名ですね^^

 

 

 

ローコストに抑えて家を購入したい方は選択肢として、まずタマホームは外せないかと思います。

 

 

 

タマホームが安いのは悪い材料を使っているわけでも、欠陥住宅でもなく、タマホームは材料などをメーカーから直接仕入れている為その分安いというわけです。

 

 

 

共通部材の大量発注により単価を抑え、また徹底的に人件費と経費を抑えています。

 

 

 

営業や工務にかかる人件費を極力抑え、施工から竣工までの期間も2ヶ月程度と短く、企業努力によってコストを抑えることが実現しています。

 

 

 

タマホームで建てる際のメリットとして、まず大きい会社なので安心ということがあげられますし、ハウスメーカーの中では安いということがあげられます。

 

 

 

また施工から竣工までの期間も他のハウスメーカーと比べると非常に短いです。

 

 

 

一方デメリットとしては、タマホームは安いことが売りのハウスメーカーなのに最終的には高いということです。

 

 

 

ローコストで建てられるハウスメーカーなはずなのに、最終的な金額は他のハウスメーカーと比べても大して変わらないという口コミ情報は非常に多いのです^^;

 

 

 

宣伝している坪単価はハウスメーカーによってどこまでを含むのか基準が異なることが多いです。

 

 

 

“坪単価30万円”とアピールしていても、本体価格のみで、外壁工事費、配管工事、地盤改良費などが含まれていないこともあります。

 

 

 

また標準以外の商品を選ぶと、かなり高くなるという口コミ情報が多いですから、オプション品を選ぶ場合は高くなりやすいです^^;

 

 

 

タマホームは最終的には極端に安くはないけれど、他のハウスメーカーよりは安いようです。

 

 

 

いくら家の坪単価が安くても、追加料金が発生することも多く総額があがる場合もありますから、

 

 

総額でいくら必要かということを把握しておかなければなりませんね。

 

 

いろいろなハウスメーカーの総額や間取りを無料で比較できるのが下記のサイトとなります。

 

 

いろいろな間取りを参考にできるので、これから家を建てるのを考えいる方にはオススメです。

 

 

 

 

 

関連記事
>>タマホームの断熱材の性能はどう!?

 

>>タマホームの耐震性能は高い!?

 

 

タマホーム 坪単価|失敗しないマイホーム購入ポイント!のTOPへ戻る