タマホーム アキュラホーム 比較

タマホームとアキュラホームを比較してみました

タマホームとアキュラホーム、どちらも名前くらいは聞いたことがあるという人は多いでしょう。

 

 

いずれの会社も、ローコストを売りとしている住宅メーカーです。

 

 

 

どちらのメーカーも、コマーシャルやカタログなどでは、坪単価で30万円台で家を建てられるという触れ込みとなっております。

 

 

 

しかし実際に家を建ててみると、決して坪30万円で家が建つということはありません。

 

 

 

坪単価30万円以外にもかかる経費がたくさんあるので、それらを合計すると、タマホームでは坪単価は40万円から60万円、

 

 

 

これと比較してアキュラホームでは坪単価50万円程度が相場となっております。

 

 

 

この数字だけを見てみると、ローコストでより抑えようとするとタマホーム、安定したローコストというのであればアキュラホームということになります。

 

 

 

もちろん、比較ポイントは坪単価だけではありません、。

 

 

 

いくら安い単価であっても、住み心地が悪かったり設備がしょぼかったりしていては意味がありません。

 

 

 

タマホームとアキュラホームを比較して、住宅の性能はほとんど違いはありません。

 

 

 

しかし、より細かく比較をしてみると、アキュラホームのほうが若干ではありますが気密性や断熱性が高いということです。

 

 

 

これはあくまでもユーザーの情報や口コミ情報であり、カタログを見る限りはそれほど大きな違いを生み出すとは考えにくいものです。

 

 

 

では、営業マンの対応についてはどうでしょうか。

 

 

 

タマホームの場合、各セクションごとの分業制が非常にはっきりとしております。

 

 

 

これは、専門性が高いということでもあるのですが、その一方で窓口がいくつもあるということになります。

 

 

 

これと比較して、アキュラホームもそういったケースが多いのですが、

 

 

 

プランニングなどの段階で設計担当者やインテリアコーディネーターが同席しますので、専門家からのたちがから提案してもらえますので、有利です。

 

 

 

タマホームしか検討していない方は読んで下さい

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top