住宅ローン 頭金

頭金を使った住宅ローンのくみかた

住宅を購入するとなると自己資金だけでは足りずに住宅ローンを組む方がほとんどと言えます。

 

 

 

万が一の何かの時に備えて銀行預金があるなら、住宅ローンの頭金に使いましょう。

 

 

 

頭金を使えば支払いがあとあと余裕ができて30年35年かからずに住宅ローンの支払いが完済できる可能性があります。

 

 

 

 

<どんな支払方法があるのか>

 

 

一般的に住宅ローンを組むばあいは変動金利と固定金利があります。

 

 

最近では変動金利や低く設定される傾向があるので人気があります。

 

 

変動金利は不安がありますが日銀の公定歩合に左右されるので注目して日本経済を見ておく必要があります。

 

 

固定金利は借りている間ずっと同じ金利ですが今はパーセンテージが高い可能性があるのでよく見極めて決めましょう。

 

 

 

<支払いのしかた>

 

 

支払のしかたには2通りあります。

 

 

元利均等返済と元金均等返済です。

 

 

元利均等返済は毎月の返済額は変わりませんが、元金と利息のバランスが最初は元金のほうが大きいので利息は減るのは小さい、よって支払額は大きくなる傾向があります。

 

 

 

元金均等返済は元金部分を返済期間で均等にわるので支払額がどんどん減っていきます。

 

 

 

どちらもメリットデメリットがありますから本人の収入を考えて選べばいいです。

 

 

 

<頭金をいれたほうがいいのか>

 

 

現在銀行預金があるなら頭金につかったほうがいいです。

 

 

例えば一年間銀行に預けるとしてその利息がいくらつくのかを考えます。

 

 

そのわずかな利息を得るために銀行預金をしてるくらいなら住宅ローンにいれて毎月の支払額を減らしたほうがいいです。

 

 

そうすれば収入の余剰分を改めて貯蓄しておいてたまった時点で繰り上げ返済にあてるのです。

 

 

繰り上げ返済すれば返済期間や返済金額が減るので負担も小さくなりいい作戦です。

 

 

また繰り上げ返済は難しい手続きは必要ありません。

 

 

銀行とのやりとりだけです。必要書類を求められることもありますが、提出するだけです。

 

 

 

住宅ローンは大きい買い物ですが頭金を使って賢い支払方法を選べば、期間短縮での完済が期待できます。

 

 

 

 

また、いろんな銀行を比べておいて損はないです!

 

 

 

タマホーム 坪単価|失敗しないマイホーム購入ポイント!のTOPへ戻る